MENU

Orthodontic

当院の矯正歯科

Orthodontic矯正歯科

悪い歯並びや咬み合わせをきちんとかみ合うようにして、きれいな歯並びにする治療です。矯正治療を受けることによって

  • 歯並びが整うことで美容的な見た目・印象が良くなる
  • 口元の突出感を改善させる
  • お口の閉じにくさ(口唇閉鎖不全)が改善する
  • 前歯で食べ物をしっかりとかみ切ったり奥歯で食べ物を噛み砕くことなど、機能的な改善を行う
  • 発音障害を改善する
  • ガタガタの歯並びをきれいに並べることにより歯の清掃性を良くして、むし歯や歯周病のリスクを減らし、歯の寿命を延ばす
  • 補綴治療前矯正(歯と歯の間のスペース整理や補綴予定の歯の傾きを整えることによって補綴治療の精度を上げ、予後を良好にする)
  • 成長期のこどものあごや顔の適切な成長発育を促す

などが期待できます。

当院での矯正治療の特長

カウンセリング・インフォームドコンセント

カウンセリング・インフォームドコンセント

矯正治療は多くの方にとって、これまで悩み、考えてきたご自身の歯並びに向き合う大切な治療です。当院では患者様の声に耳を傾け、誠実に応えてまいります。

カウンセリング時によくいただく質問

  • 費用のこと
  • 治療期間について
  • 痛みのこと
  • 抜歯・非抜歯
  • 自分に合った治療法を知りたい
  • 装置の見た目

診断、治療計画について

診断、治療計画について

治療の前には精密検査をして分析を行った上で具体的な治療方針を決めていきます。検査結果から、骨格、歯の傾きや歯列、咬み合わせ、口腔周囲の軟組織の特徴、その他の問題点を細かく抽出し、考えられる治療計画の立案を行います。
その中で、『できるだけ歯を抜かない治療』、『負担の少ない治療』、『将来の歯の予後を考えた治療』など可能性を探って行き、複数の選択肢がある場合は診断時にメリット・デメリットを含め説明いたします。

成長段階に合わせた矯正治療
 —成長期にしか出来ない治療を−

成長段階に合わせた矯正治療

こどもの矯正治療と大人の矯正治療では、治療方法や使用する装置が異なります。顎骨が成長中のこどもの矯正治療では、成長を利用して骨格のバランス・大きさを整え、きれいな永久歯列への生え変わりのための土台作りを行います。いつから始めるのがいいのかわからない、どういう装置を使用するのかなど、ご相談はいつでも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

同一院内で連携した治療

同一院内で連携した治療

当院では矯正歯科を副院長、一般歯科および口腔外科を院長が担当しており、同一院内でしっかりと連携しています。
むし歯や歯周病があり、矯正装置によって進行するリスクがある場合は、矯正装置装着前に一般歯科を受診していただくことをお勧めしています。
矯正治療中にむし歯を発見した場合は、むし歯治療の前後で矯正装置の撤去・再装着を行います。矯正治療・一般歯科治療ともに同一院内で処置が可能ですので、他院を行き来していただくような煩わしさがなく、治療を受けていただけます。また、矯正治療で必要となった外科処置や被せ物の作り直しなども、治療の流れに沿って連携して行います。
矯正治療中、その後の保定期間を通して、予防歯科でのクリーニングを並行して行っております。
予め他院でかかりつけの一般歯科医院をお持ちの方は、かかりつけ医院と連携して矯正治療を行ってまいりますので、安心してご相談ください。